☆☆☆☆ Share DREAMS ☆☆☆☆

NEWS・テゴマス・まっすー大好きな日々を綴るブログです♪

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ライブマナーと、Whiteツアー初見感想。

今日は久しぶりに慶ちゃん好きな友達(本命はKポですが^^;)と会ったので
日テレ@汐留へ小山キャスターを見学しに行ってきました♪
結構な人混みで後ろ姿しか見えなかったけど、相変わらずスマートだったな~(*^^*)
大阪で会えるのが楽しみ!誕生日公演、全力でお祝いさせて頂きます!


ところで、この前のシゲ部で、ライブ中マナーが悪い人がいたというメールに対して
シゲ部長が話していたこと。
気になったので、要点のみですが書きとめておきます。

●ライブの感想が、ファンサがあったか無かったか、なのは悲しい
●そうなるのは“僕らの実力不足”
●一緒に歌ったり、踊ったりしてくれる方が嬉しい
●ライブはお客さんと一緒に作るもの
●絶対にNEWSコールしてくれってことではない
●でもしたくなるようなライブを僕らができればいい


これ、まっすーが舞台『フレンド』開幕前に言っていたことと、まったく同じですよね。
舞台に登場した時に、客席から歓声があがってしまったのは「自分の力不足」だと、
舞台は「観客も作り手のひとり」だと。。。 ⇒ ココに書いてあります。
『フレンド』にかける意気込みと共に、観劇マナーについて考えて欲しいという、
まっすーの願いが伝わってくる言葉だったけど…

NEWSのライブでも同じような状況があった(今回に限ったことではないけど)と知って
シゲ部長だけでなく、ほかのメンバーも残念に思ったに違いないよね。。。
でも「このラジオで言って、届くかどうか」と言いながら、こういうメールも取り上げ、
真剣に答えてくれたシゲ部長に感謝。

というか、スルーしないで真面目に向き合うところが部長らしいなー。
スルーしてもよさそうな話題なのに、逃げずに受け止めるのはエライ!って感心する。
実力不足だとか、自分たちに責任を感じる必要はないのに…とも思うし、
こういうメールって結構来ているのかな、全部読んでいて辛くないかな…なんて
心配にもなったりして。
(ほかのラジオではスタッフさんが選んで渡している気がするので…)


そりゃあ、ファンサもらえたら嬉しいけど…
ファンサをもらうためにライブに行っているわけじゃないので、ね。
(そのへんの考え方は人それぞれなので、多くは語りませんけど)

NEWSと同じ空間で、同じ時間を、一緒に楽しむ。
それだけで、充分に嬉しい。幸せ。
(そういうライブができていると思うし、実力不足を感じることなんてないからね!)

シゲ部長の想いが、みんなに届くといいなと願っています。
次回のライブからは、少しでも改善されますように。


では、遅くなりましたが、私的初日(4月4~5日宮城公演)の感想を。
長くなってしまったので、全体的な感想のみです。
セトリごとの感想は…大阪公演が終わってから書こうかな?(どうだろう^^;)
ネタバレしているので、追記からどうぞ。


全体的な感想としては、今までのNEWSライブと比べると、だいぶ違うな~という印象。
今までと趣向を変えた、新しい演出家を迎えたという話を聞いて、なるほど!と思いましたが。

曲と曲の間がかなり短い。というより、どんどん続いていくような展開で。
だからライブが一気に進んで、あっという間に終わったように感じたのかな~。
途中でダレる部分がなくて、すごく良かった。
最初から最後まで、同じ勢いがあって、ずーっと楽しめました。

ステージはすごくシンプル。
大がかりなセットもないし、バックステージや、ムービングステージも無し。
外周はメインステージからセンターステージまでの前方半分のみ。
(バクステがないことを考えると、アリーナ後方ブロックの人には不親切な作りかも)
(その分、トロッコは何度も通りますが)

派手なステージで凝った演出をする、とは真逆の
シンプルだけれど、途切れることなく歌を聴かせて、楽しませて…
いかに“NEWSそのもの”をしっかりと見せる(魅せる)か、に重点を置いている気がしました。

それから、メインステ寄り前方に紙吹雪が降る以外は、落下物は無し。
つまり、銀テープは飛びません。
飛ばさない理由は…やっぱりマナーに関係あるのかな…(いろいろ考えちゃうよ…)

最後もずいぶんとアッサリしていて…
アレ?メンバー1人1人の挨拶はないのー!?っていう…
ここも意外すぎて、終わった直後に、何かが足りない(>_<)と軽く衝撃を受けました。
だけど、あー楽しいー!ってハイテンションのまま、ラストの曲を聴くのもアリ…なのかな?
1人ずつ、しっかり挨拶されちゃうと、終わるのがよけいに名残惜しくなっちゃうしね。
挨拶の代わりに、『愛言葉』という「歌」で伝えてくれたのかも…と勝手に想像しています。

いろんな意味で、今回はメンバーのこだわりが感じられるライブでした。
行った人にしか分からない例えになっちゃうけど、「テゴマスの青春」ライブを観た時と同じ感覚。
ステージも演出も最小限、ただひたすらに「歌を聴かせる」「音楽を届ける」ことにこだわった、
あの青春ライブと重なって見えたのだけど…(そんなことを感じるのは私だけかもしれませんが)

そういえば前回のコヤシゲラジオでも、ライブについて語っていましたね。

■終わったあと達成感がある
●新しいことに挑戦したライブ
●だから賛否分かれるけど
●斬新なことのあとにテッパンなことがいっぱい待っている
●結果的に誰でも楽しめる、いいライブ

■(いい意味で)ジャニーズっぽさってのを少し抑えている
●今までは10周年だったし、お祭り感覚だったけど
●ここからは1人のパフォーマーとして、クオリティを上げていきたい

■1本軸が通っている、コンセプトがしっかりしているライブ

…とのことで。
新しいことに挑戦している、ってよく分かる。
だから賛否が分かれる、っていうのも予想がつく。
「ジャニーズっぽさを少し抑えて」「パフォーマーとしてクオリティを上げていきたい」
きっと、これが彼らのこだわりなのかなぁ。

SHORT FILMからスタートしている「TEAM WHITE」というコンセプトも、ライブ全体を貫いていて。
けれど、パンフレットでテゴが言っていた
❤SHORT FILMを見ていない人が楽しめないライブはダメ
❤ライブはライブとして ちゃんと成立させたかった

という意思は、確実に実現できていて。
コンセプトがありながらも、誰でも楽しめるライブになっていて。
そこが、あらためてイイと思う。

今までのNEWSの…ほかのジャニーズのライブとも、一線を画しているのが分かるし、
メンバーの「こうしたい」という意思表示がはっきりと見える。
そのために何度も練り直して、細かいところまで考えられているライブなんだろうな。

そして、“終わったあと達成感がある”って言うのは、自分たちのやりたいことができた、
考えた通りにできたっていう証拠なのかな。なんて思いました。

…と、こうしてアレコレ想いを巡らせて、やっと納得できた感じ。
(ですが、思いつくまま書きなぐったので、支離滅裂なエントリーに…苦笑)

このことを踏まえたうえでライブを観たら、もしかして違った感想になるのかな~?
大阪公演に参加して、新たに感じたことがあれば、また書きたいと思います。
関連記事

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

Sakura

Author:Sakura
まっすー大好き、NEWSもテゴマスも大好き♪
好きすぎてブログを始めてしまいました…
詳しい自己紹介はコチラへ。
気軽に楽しく、時には暑苦しく(!?)語り隊と思いマス。
拍手・コメント・メール、大歓迎です!お気軽にお送りください♪

◆メールはメールフォーム またはコチラまで! sharedreams8☆gmail.com (☆→@)

最新記事

QRコード

QR

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

ジャニーズ最新情報

Blog Ranking

blogram投票ボタン

FC2カウンター

右サイドメニュー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。