☆☆☆☆ Share DREAMS ☆☆☆☆

NEWS・テゴマス・まっすー大好きな日々を綴るブログです♪

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015年秋の観劇日記

遅ればせながら…
世界的な演出家・蜷川 幸雄さんのご冥福をお祈りいたします。
ジャニーズとも積極的に関わり、彼らの努力を認め、魅力を引き出し、
舞台人として輝かせてくださった功績は忘れません。

ジャニに限らず、“旬な”役者を見い出し、育てるのが上手いなぁという印象がありますが。
NEWSメンバーも、一緒に仕事する機会があったら良かったな…なんて思ってしまいました。

私的には去年の亀梨さん舞台が最後だったな。。。
夏の森田くん舞台はどうなるのか。。。も気になりつつ。
(“蜷川さん監修”公演として上演されるようです)

そうだ、自分の観劇日記をちゃんと更新しよう!
と思い立ち、やっと昨年秋のものをUPいたしました…(遅すぎ)

ちなみに「2015年夏」の観劇日記も日付詐称でシレッと更新しておりますので
よろしければこちらも… ⇒


【1】スーパー歌舞伎Ⅱ ワンピース[横内 謙介 脚本・演出]
【2】MORSE -モールス-[小瀧 望 主演]
【3】才原警部の終わらない明日[福田 雄一 作・演出]
【4】バグダッド動物園のベンガルタイガー[安井 順平/風間 俊介 出演]



【1】スーパー歌舞伎Ⅱ ワンピース@新橋演舞場<11月8日>

スーパー歌舞伎Ⅱワンピース-1

スーパー歌舞伎Ⅱワンピース-2

スーパー歌舞伎Ⅱ(セカンド)『ワンピース』とは
世界的な人気漫画『ONE PIECE』と、日本固有の伝統芸能である歌舞伎が満を持してのコラボレーション!!
『ONE PIECE』の壮大で魅力あふれる世界観を、四代目市川 猿之助がスーパー歌舞伎Ⅱの舞台で新たに創造した。
2015年10、11月の東京・新橋演舞場公演は、10万人を超える観客で連日超満員!!
今までにない全く新しいエンターテインメントの誕生は、歌舞伎ファン、原作ファンばかりでなく幅広い世代から大喝采を浴びた。

スーパー歌舞伎Ⅱ(セカンド) とは
三代目市川 猿之助(現猿翁)によって創造された、かつてないスケール感と重厚な物語性を併せ持ったスーパー歌舞伎は、数々の金字塔を打ち立て、演劇界に新しいジャンルを拓いた。そのスピリットを継承した四代目市川 猿之助が自らの手で創造したスーパー歌舞伎、それが「スーパー歌舞伎Ⅱ(セカンド)」である。
現代の演劇界を代表する才能たちと共に全く新しい舞台空間の創造を目指し、第一弾公演として2014年3月に新橋演舞場、続いて4月には大阪松竹座でのロングラン上演を果たした『空ヲ刻ム者』を大成功に導いた。
その第二弾が『ワンピース』だ!

≪あらすじ≫
大秘宝ワンピースを探す大いなる航海の次なるステップ、新世界への入り口となるシャボンディ諸島での海軍との戦いの中で、麦わらの一味は散り散りになってしまう。一人になったルフィは兄エースの処刑宣告の知らせを聞き、救出に向かう。侵入不能の海底監獄を突破するルフィだが、エースは海軍本部に移送されてしまった後。そしてついにその海軍本部を舞台に、エースを救おうとする海賊団やルフィと、海軍との間で壮絶な決戦が繰り広げられる!!

原作:尾田 栄一郎
脚本・演出:横内 謙介
演出:市川 猿之助
出演:市川 猿之助/市川 右近/坂東 巳之助/中村 隼人/尾上 右近/市川 春猿/市川 弘太郎/市川 寿猿/福士 誠治 他



ワンピースファンでも歌舞伎ファンでもありませんが、
ええー!?あのワンピースを舞台でやっちゃうの!?しかも歌舞伎!?
という興味本位でチケットを取ってしまいました…(横内さんが脚本・演出だったってのもあるけど)
いやぁ。。。斬新だった!!!!!
というヒトコトで片付けてはいけないのでしょうが、究極の斬新さ。
ミュージカルっぽい演出あり、噴水(水芸?)あり、さらにはフライングまであり…!
歌舞伎に詳しくなくても、その概念を遥かに超えた「スーパー歌舞伎」の世界、楽しかったです♪
原作ファンがアレコレ言う隙もないほど、ブッ飛んでいるところもカッコイイ。
ただ、どうしてエースの話だったのかなぁ?レギュラーメンバーの出番が少なくて、もったいなかったな…。


【2】MORSE -モールス-@グローブ座<11月22日>

モールス

舞台「MORSE(モールス)」はスウェーデンの作家ヨン・アイヴィデ・リンドクヴィストによって2004年に発表された小説「LET THE RIGHT ONE IN」をもとにしている作品。連続猟奇殺人、主人公の苦悩、一途な愛。さらに「いじめ」「同性愛」「離婚」などの社会的な問題も内包しているストーリーが評判を呼び、スウェーデンのみならず、英国、米国でも注目を集めている作品だ。
今回日本での舞台化に当たって、演出は深作健太が、上演台本はミナモザの瀬戸山 美咲が手掛ける。主演はジャニーズWESTの小瀧 望。高橋 由美子、田中 健など共演陣も豪華だ。

原作:ヨン・アイヴィデ・リンドクヴィスト
脚本:ジャック・ソーン
上演台本:瀬戸山 美咲
演出:深作 健太
出演:小瀧 望/水上 京香/久松 信美/横山 一敏/奥田 圭悟/塩顕 治/富岡 晃一郎/高橋 由美子/田中 健



小説も映画も知らずに見たのですが…
舞台化するのは相当難しそうな作品のようで…どう表現するか?の苦労が伺えました。
小瀧くんにとっても、かなりハードルの高い主演作でしたね。お疲れさまでした。
彼の初々しさが役と相まっていて、そこはとても良かったです。
が、テーマを盛り込みすぎたか、もしくは表現しきれなかったか…モヤモヤする部分も多くて。
というか、単に話が苦手ってだけかもしれませんが。ちょっと残念。


【3】才原警部の終わらない明日@世田谷パブリックシアター<12月2日>

才原警部の終わらない明日

とある熱帯夜……。政府高官の令嬢が誘拐された!身代金の期限は24時間!急遽、インターポールから最も優秀な誘拐事件のプロフェッショナルが招集された。この通称“サイバラズ5”と呼ばれる一見、全く頼りにならない集団を率いるのが、伝説の警部・才原章一郎だった。24時間という超短期決戦に挑む才原たち。そこにまた、新たな誘拐事件が!!堤真一 最大8役のコント構成の末に、明かされる驚くべき真実とは……。

作・演出:福田 雄一
出演:堤 真一/勝地 涼/清水 富美加/鈴木 浩介/上地 春奈/池谷 のぶえ/志賀 廣太郎/小池 栄子



福田さんお得意のドタバタ・コメディ。好き!
こういう、なーんにも考えずに笑える舞台も、たまにはいいよね♪
堤さんや勝地さんといった役者が思いっきりコメディを演じているのも意外だし、面白いし。
フミカスは予想通りハマっていて、さすが福田ワールドの常連!って感じだったし。
池谷さんや小池さんといった芸達者な面々もさすがでした。
コメディって、観ている方はなーんにも考えずに笑っちゃうけど、演じる方は難しいと思うなぁ。
下手な役者さんが演じたら、笑えない気がするから。
なので、今回も全力で笑えて良かった!また面白い福田舞台、観に行きたいな。


【4】バグダッド動物園のベンガルタイガー@新国立劇場<12月13日>

バグダッド動物園のベンガルタイガー

≪あらすじ≫
空爆によって破壊されたバグダッド動物園、ベンガルタイガーの檻の前。ふざけあっていた警護のアメリカ兵が、腹をすかせたトラに手を噛みちぎられる。トラはその場で射殺されるが、幽霊となって撃った兵士に取り憑いてしまう。精神に異常を来たした兵士は自殺、これまた幽霊となり、義手をつけた元相棒に取り憑く。トラの幽霊、アメリカ兵の幽霊、さらにはサダム・フセインの二人の息子の幽霊、さまよう女の子の幽霊......幽霊と現実を生きる人間とが絡み合い、バグダッドに渦巻く欲望と残虐さがあらわになっていく。

作:ラジヴ・ジョセフ
翻訳:平川 大作
演出:中津留 章仁
出演:杉本 哲太/風間 俊介/安井 順平/谷田 歩/宮田 慶子



主演の杉本さんはトラの幽霊という役柄。
動物なうえに幽霊という難しい役でしたが、だんだんと理不尽に殺されて憤るトラに見えてくるから不思議。
≪あらすじ≫の通り幽霊ばかり出てくる舞台ですが、背景にあるのは「戦争」…
なんですが、直接的に訴えるシーンはないので、なんとなく感じ取って…という演出なのかも。
お目当てのイキウメ安井さんは米兵の通訳。幽霊ではない、生きている役。
結構キーとなる重要な役だと思うのですが、気負わず、いつも通りの安定感がありました。
風間くんの熱演も良かったけど、杉本さんの存在感がすごくて、圧倒されっぱなしでした。
関連記事

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

Sakura

Author:Sakura
まっすー大好き、NEWSもテゴマスも大好き♪
好きすぎてブログを始めてしまいました…
詳しい自己紹介はコチラへ。
気軽に楽しく、時には暑苦しく(!?)語り隊と思いマス。
拍手・コメント・メール、大歓迎です!お気軽にお送りください♪

◆メールはメールフォーム またはコチラまで! sharedreams8☆gmail.com (☆→@)

最新記事

QRコード

QR

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

ジャニーズ最新情報

Blog Ranking

blogram投票ボタン

FC2カウンター

右サイドメニュー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。